• ホーム
  • 世界の先進国ではEDに悩む男性が多い

世界の先進国ではEDに悩む男性が多い

2019年07月22日
ロマンチックなカップル

精力減退や勃起力の大幅減少に悩む男性は世界中にいらっしゃいます。
特に先進国に大勢の患者がいており、米国や欧州、そして日本国内には多数の患者がいます。
欧米圏ではひと昔前にセックスレスが夫婦の間で大きな問題となりました。
単純に夫婦間の絆が希薄になり、セックスレスに陥る事例も多々ありますが、男性側がEDになってしまった結果、性行為の回数が激減した、というケースが珍しくありません。
亜鉛のサプリメントやEPA、DHAを含む健康補助食品、そして各種のED治療薬が欧米圏で普及した背景には、深刻な夫婦の問題が横たわっていたのです。

小さい島国ながら先進国として安定した発展を続ける日本の国も、今では他人事ではありません。
EDの症状や男性不妊、慢性的なセックスレスに悩む患者数は年々増加し始めています。
世界の国々の中でも、日本は長時間労働が多く、非常にストレスフルな毎日になりやすい面が強いです。
また長期間、女性との関係を持っていない成人男性もまたEDになるリスクが高く、恋愛経験をほとんど持たない男性は世界的に見ても、男性機能の低下に悩む傾向があります。

近年ではEDの症状を改善に、マスターベーションを推奨する専門家も現れました。
成人男性の患者の大半が、心因性EDという事もありますので、マスターベーションを通して、自信を付ける事で症状の大幅改善が成功するパターンも少なくありません。
また確実性を求める世界の男性ユーザーは、有名な治療薬を服用し始めています。
既に家庭を持っている方でしたら、妊活やセックスが言わば大事な作業となっているでしょう。
ゆったりと体質改善に時間を掛けている暇はない、というのが現代人の本音です。
短期間のED改善を望むなら、治療薬の服用が適しています。